立川の寿司店「天然魚と釣魚の鮨 雅 立川本店」で乾杯/鍋島と中トロ、夢のマリアージュ

立川で打ち合わせ。
社長さんが「ごはん食べましょう!」と誘っていただいたお店がこちらの「雅」さん。

入り口からいきなりの構えと設え、いやこりゃ高級店だわ…。

座れる回らないお寿司はどれくらいぶり?
思い出せないくらいだから数か月は来てないんじゃないかな?

目の前で職人さんが握ります。
その姿もいい肴。

まずはヱビスの中生で乾杯!

くーっ、この上ない、幸せ。ヱビス!
なんだろう、今日のヱビスはいつもよりも美味しい気がする。

お通しはウドの酢味噌和えですね。
立川と言えばウド。

社長さんのお気に入り、「貝ざんまい」です。

ホッキに赤貝、サザエ、あとはなんだろう。
さばいてすぐなので歯ごたえゴリゴリで噛むとうま味が “じゅんじゅわー”。

自家製の玉子焼き。

しっかり焼きこんで、ほんのり甘くて美味しい玉子焼きでした。

しめ鯖いただきます。

酢がよくまわっているタイプ。
これくらい締めているとお醤油なしでも美味しく頂けますね。

お刺身に合わせて冷酒、鍋島を頂きます。

広がる吟醸香、すっきりとキレもあって美味しいお酒ですね。
飲み口が軽いからスイスイいける怖いやつです。

あ、お姉さんが瓶を持ってきてくれました。

中トロ頂きます。

さすが生の本マグロの中トロ。
これは悶絶する旨さ。
そこに鍋島を合わせると、一気にトリップしてしまいそうなハーモニーです。
思わずため息しか出ません。
美味しすぎて怖い。

箸休めの蕪のつけもの。

アナゴの白焼きです。

レモンを香りづけに絞って柚子胡椒で頂きました。
白焼き独特のうま味のかたまりに柚子胡椒。
あぁ、お酒が進んでしまいます。

めひかりの唐揚げ。
「頭からカブッとどうぞ」

頭からいただきます。

少しだけ骨の感触があるのですが、柔らかい骨なので喉にひっかかりません。
ほっくほくの白身が優しい味わいの魚でした。

お漬物を紅白で。
見た目にも縁起がよさそう。

お酒をレモンサワーに変えました。
甘みはほとんどなく、生絞りタイプなのでレモンの香りがとっても立っています。

げそ焼きです。
マヨネーズを一味でお化粧。

イカゲソとマヨネーズは永遠の友達。

お酒を生グレープフルーツサワーに。
グレープフルーツのほのかな苦みが味わえます。

とろたくです。
とろは本マグロの大トロを使っているので、口の中でマグロの脂がブワッと広がります。

あの味をもう一度。
中トロをお願いしました。

人生最後の日に何が食べたい?と聞かれたら「生の本マグロの中トロを握りシャリ少な目で!」とオーダーしてもいいですか?

とても美味しいお寿司とお刺身。
本当にごちそうさまでした。

帰りは美味しさの余韻に浸りながら南武線でのんびり帰りました。

天然魚と釣魚の鮨 雅 立川本店寿司 / 立川北駅立川駅立川南駅

夜総合点★★★★ 4.5


♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪

ブログランキングに参加しています~!
応援してもらえると、とてもやる気が出ます(*'ω'*)
いつもポチリありがとうございます!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク