蒲田の台湾料理「喜来楽」で乾杯!オーダーしなくてもどんどん出てくる絶品料理

蒲田の友人から「すごい店がある!」と話を聞いて、予定を合わせてその“すごい店”に行ってきました。
外観はこんな感じです。

IMG_3870

確かに“すごい”雰囲気を醸し出しています。

「予約してないのですが、大丈夫ですか?」

「ちょっと待ってて!」

おっ、入れそうな雰囲気。

一番奥の少し狭いテーブルを使っていいよ、と招き入れていただきました。

「はい、これお通しね!」

IMG_4756

塩味の効いたピーナッツ、これがまた不思議と後引く美味しさ。

さてさて、とりあえず飲み物はどうしよう…。

IMG_4754

お酒は鏡月の一升ペットボトル(3,000円)と烏龍茶でじっくりと攻めることに。

IMG_4755

「これ今日たくさん作ったから食べてみて!」とおかみさん。

IMG_4753

シジミをどうかしたおつまみ。酒蒸しっぽくて美味しかったです。

おかみさんの勢いに圧倒されながらも、何はともあれ乾杯!

IMG_4752

「はい、たけのこね〜!」

IMG_4751

むむむ、オーダーしなくても、自動的におつまみが出てくるシステム?

あ、でもこれめちゃめちゃ美味しいじゃん!

「カラいの好きなら、これ入れるとおいしいよー」

IMG_4750

そう言って出されたのがこちらの唐辛子のこれ!むちゃくちゃ激辛でビックリ!

「はい、たけのこ茹でただけね、台湾の甘いマヨネーズで食べるとおいしいよー」

IMG_4749

これもおかみさんのおすすめ、甘いマヨネーズは初めてでしたが、これはこれで貴重な体験。

「すみません、葱油餅下さい!」
そう言えばこれがはじめてのオーダーかも。

IMG_4748

もっちりモチモチで美味しかったです。

「千と千尋のバーワン食べるか?」と、今度はマスターからのオススメ。せっかくなので頂いてみました。

IMG_4747

おおっ、とろっとモチっと不思議な食感。

汁物食べたいね、と言う事で「大腸麺線(500円)」をオーダー。

IMG_4746

豚モツの入った温かい素麺のような麺料理。じんわりカラダが温まります。

すっかりお腹も膨れた頃に「はい、デザートねー!」とオーギョーチー。

IMG_4745

レモンとシロップで甘酸っぱい美味しさ。

「これが原料ね〜」

IMG_4744

不思議な種の袋詰め。危ない種じゃないよね…。
さて、お会計しようかと話しているところに「トマトおいしいよー」

IMG_4743

トマトにアンズが挟まったもの。
うんうん、これも美味しいですなぁ。

さて、本格的にお腹もパンパン、席を立とうとしたところに「たまごも食べてね〜」

IMG_4742

ひび割れ模様のゆでたまご。
塩加減も絶品で美味しいたまごですが、もうお腹も限界を迎えています。

「もうストップストップ、お腹いっぱいで食べらんないよ〜!」と泣きを入れてようやくお勘定。

結局焼酎は3分の1程残してお店にキープさせてもらいました。
お勘定は4人で8000円、ひとり2000円で大満足のプチ台湾旅行。

いやぁ、飲んだ食べた!最高でした。
ここのオーダーはお店の方に全てを委ねて、お腹いっぱいになったらストップかける食べ方でいいんじゃない?みたいな話で落ち着きました。

苦手なものを最初に伝えておけば、後は適当に作ってくれます。

食べた事のない新しい味に出会えるチャンスだと思って、色んな料理を楽しむのもいいもんですね。

「はい、おみやげねー」

そう言いながら、ひとりにひとつ中華菓子の「沙琪瑪(サチマ)」を持たせてくれました。
どこまでサービス過剰なんだろ…。

また近いうちに来ます、ごちそうさまでした。

関連ランキング:台湾料理 | 蓮沼駅蒲田駅

ブログランキングに参加しています~!
応援してもらえると、とてもやる気が出ます(*'ω'*)
いつもポチリありがとうございます!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク