福岡県・博多「とり田 博多本店」│高級水炊き店で博多の夜を

お盆休みを利用して福岡にやってきました。福岡在住の友達と今夜は『水炊き』の名店で会食です。今まで”なんちゃって水炊き”は食べたことがあるのですが、本場の水炊きは初めての経験。店構えもなんだか格調高くてちょっと背伸びした気分です。

お邪魔したのは博多の『とり田 博多本店』。のれんにフサフサが付いてるくらいオシャレ!

看板もオシャレ!いかにも高そう!笑 2017年2月にはクアラルンプールにも出店されたそうで、その勢いは止まりません。

「本日は水炊きのみとさせていただいております」だそうです。大丈夫です、水炊きをいただきに参りました。

まずは飲み物メニューから。生ビールはサッポロですね。いいですねー!

キリンもアサヒもサッポロもなんでもありますね。

水炊きの食べ方指南ですね。まずはスープから味わう、ふむふむ。

では、乾杯っ!

▲サッポロ黒ラベル(小)480円

ステップ01 最初はスープ

「まずはスープをそのままお召し上がりください。」

いやー、このスープ最高でした。いつまでも飲んでいたいやつ。

「塩と柚子胡椒もお忘れなく!」

ステップ02 素材を楽しむ

「程よく火入れした鶏肉を博多葱と共にお召し上がりいただきます。」

こちらが博多葱ですね。うん、美味しそう!

お肉もプリンプリンで美味しかったです。モモもムネもしっとりしていて味が濃いんですね。

ステップ03 つみれを味わう

「つみれはもも肉・むね肉と粗びきの砂肝を合わせることにより独特の食感と旨みを引き立たせます。」

煮込んでもいつまでも赤いつみれ。砂肝がはいっているから色がきれいなままだとか。このつみれがたまらん!

ステップ04 野菜を補充

「追加のキャベツ・人参・えのきは無料です。たっぷりのお野菜をお召し上がりください。」

野菜は追加でどんどんお替りします。豆腐とくずきりはお替りできません。

お野菜のお替りは遠慮なくいただきました。

ステップ05 〆を選ぶ

「鍋の最後は雑炊もしくは博多ラーメンをどうぞ。卵を落として一層まろやかになったスープを最後の一滴まで食べつくしてください。」

やっぱり〆は雑炊やもんね!

最後に美味しいほうじ茶を。

ごちそうさまでした!

おいしい水炊きをお腹いっぱい頂きました。今回は単品でのオーダーですので、1人当たり2,800円(税抜)と飲みもので、4000円弱でした。初めての水炊き経験、とても楽しかったです。ごちそうさまでした!

とり田 博多本店水炊き / 中洲川端駅呉服町駅天神駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪

ブログランキングに参加しています~!
応援してもらえると、とてもやる気が出ます(*'ω'*)
いつもポチリありがとうございます!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク